サマスティティと站樁

サマスティティとはヨーガにおける基本のスタンディングポーズであり、「均等に立つポーズ」とされる。

これは腕、手、脚(足)の形こそ異なるものの、脊柱の立て方、伸ばし方など、共通点や参考になる点は多々ある。

ただ強くなるという目的だけであれば必要ではないが、站樁(タントウ:立禅)への理解を深め、質を高めたいのであれば、サマスティティやヨーガ(ヨガ)も学習すると良いだろう。

站樁では拇指球、つまり足の前方に体重をかけるが、脊柱の立て方はサマスティティと同様の状態を保ち、脊柱前弯過多を避けなければならない。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です