外三合の目的

最小の力で最大の作用を得られるのが理想の形であり、動きである。

そしてこれが外三合の目的である。

外三合では手と足・肘と膝・肩と股(骨盤)がそれぞれ最適化されていなければならない。

站樁(立禅)などの一人稽古で絶対的な外三合が身についていなければ、相対練習で外三合を得ることは難しい。

一度外三合が得られれば、筋力に頼らずに体重を最大限相手に伝えられるようになる。

これが攻防一致技を修得するための第一歩なのである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です