「老化」から「新化」「真化」へ

「進化」じゃないの?と思われたかもしれないが「新化」である。

「進化」は種や属の段階を超えて新しい生物を生じるなどする現象(変化)であり、個体における形や状態の変化は「変態」という。

人間の場合、変態することはなく通常は「成長」という言葉が使われる。

そして一定の年齢を過ぎると成長が止まり、老化が始まるとされる。

肉体的にはそのような面もある。

しかし精神の成長は限界がなく、より善い変化を志向し続ける限り、永遠に新しく成り続けられるのだ。

そのような個体は老化することはなく、死ぬまで新化し、死を超えて真化(真我と合一)するのである。

=======
空手家との組手や演武の動画は下記サイトでご覧いただけます。

https://ssakamoto.jp

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です